top of page

透明感のある歌声と
胸にせまる演技力
どの舞台も評価が高く
観客を魅了し続けています

岐阜県立加納高校音楽科 卒業
国立音楽大学声楽科 卒業
 

創作オペラやミュージカルで主要な役を多数演じると共に、歌唱指導・音楽監督を担当する。
代表的な作品に「紙すきのうた」「太陽をさがして」「トロイアの女」「豆の木地蔵」「八尾比久尼」「不思議な石の物語」「ブンナよ木からおりてこい」「メディア」等がある。
「紙すきのうた」は初演より20年ゆき役を主演、ぎふ清流文化プラザ開館記念公演や「ひだ・みの創作オペラ」20周年特別記念公演等、6度の再々演、10公演を務める。
学校公演や美術展・病院コンサート、式典セレモニー、合唱ソリストとしても出演演奏する。
 

ひとりオペラとして「夕鶴」「ぞうれっしゃがやってきた」、邦楽伴奏で三役を歌い演じる 「道成寺」を企画構成。
歌と現代舞踊による二人舞台「照手と小栗」「葛の葉」、ソプラノと役者による「夕鶴」を熱演し好評を得る。「葛の葉」では台本・作詞を手がけた。
 

ソプラノリサイタルを、サラマンカホール・長良川国際会議場・岐阜市文化センター・クララザール・文化財「村国座」等で12回開催。
令和3年「ひだ・みの歌の仲間」を立ち上げ、コンサート「てんぐじょう紙」をぎふ清流文化プラザで第3回まで開催。
 

2024年にコンサートや舞台の企画制作プロジェクト「ぎふ音楽舞台」の活動を始めた。
 

平成12年度 岐阜県芸術文化奨励賞 受賞
令和元年度 岐阜県芸術文化顕彰 受賞
 

(公財)岐阜県教育文化財団 理事
ぎふ音楽舞台 主宰
ひだ・みの歌の仲間 代表
日本演奏連盟会員

出演作品・舞台のあゆみ

2021

ひだ・みの創作オペラ20周年記念特別公演
「紙すきのうた」

代替テキスト

2020

岐阜県文化芸術活動応援助成事業公演
「いのちのうた」~ソプラノ・現代舞踊・バイオリン・ピアノによる~

2019

第39回大垣市民分化連盟祭
歌と現代舞踊による二人舞台「照手と小栗」

2019

ソプラノリサイタル vol.12
「恋文」~いとしきものへ~

bottom of page